<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

2011.11.27 |

一定期間更新がないため広告を表示しています

母の食欲

2011.11.16 | 10:26
最後まで食べられるように胃がんの手術をしたけれど、認知症が進んで 
食べること・・・食欲だけが突出してくることがいいことなのか?わからない。

食べ物のことについてはトラブルが絶えない。

テーブルに出ている食べられそうなものは何でも触ってみる。

具だくさんのラー油の油部分を飲み、具の部分をスプーンで食べて
「あぁ、これはおいしいね。。。」と一ビンの半分近くを平らげてしまった。

辛いことが分からなかったらしい。

色々試してみると酸っぱいもの、苦いもの、薄味のもの。。。
ほとんど違いがわからないらしい。

甘いものは一番早く感じられるらしく、「おいしい。」というのも早い。

次においしいと感じるのは、ソース→ケチャップ→醤油

猫舌だと思っていたが、最近ではアツアツのおかずやスープなども
気にならないらしい。。。

食事を味わうというより食べるという行為が楽しいらしい。

だから濃い味付けのものにソースをかけようとしたりする。。。

先日もちょっと目を離したら、炊飯ジャーから炊き立てのご飯を手づかみして
逃げるところを目撃してしまった。

その後もテーブルにあったまんじゅうを隠して持ち去ろうとした。。。
見つからないようにまんじゅうを力いっぱい握って小さくしようとしたらしい。

朝食後にロールケーキを5切れ食べて、バナナを1本食べたのに
「お腹がいっぱいにならない。」と言っていた。。。

食べたことを忘れてしまう。。。欲望だけで食べる。。。ちょっと怖い。

久しぶりに・・・

2011.10.18 | 10:00
母が退院してから毎日変わらない日々を送っていた。

月・水・金・土はデイサービスに通い、夜23:00までは我が家で過ごし
母が寝るまでの準備を見守り、寝かせて 2:30に主人と交代する。

自宅に帰って明日の準備をして布団に入るのが、3:00〜3:30

次男が朝の練習のある日は6:00に起床。土日に試合のあるときは
5:00〜5:30に起床。。。

体はそんなに疲れていないのだけれど、気持ちは晴れてはいない。

この一年くらい何かをやる気にはなれず、新しいものに挑戦する気にも
なれないでいる。。。気力が湧いてこない。

こうやって徐々に介護の割合が増えてきて、気持ちに余裕がなくなるのだろう。

 

2011.08.13

2011.08.14 | 10:30
今日は胃の手術をした病院の診察だった。主人が連れて行ってくれることになっていた。
(私は出かける予定だった。。。)

暑いので午前中の早い時間に出かける。母が出がけにオナラをいしていたので、トイレに
誘ったが、行かないというので…ははと主人を見送った。

私は身支度をして、次男に朝ご飯を食べさせて・・・

すると携帯電話が鳴った。。。主人からの着信だ。。。

「来るまでの間にウンチが出ちゃったらしい。ズボンに染み出ちゃっているから、替えの
ズボンを持ってきてほしい。。。次男に渡してくれ。。。」とSOS。。。

次男が行くよりも私が行く方が早いと思い、ズボンやら着替えを持って病院に向かった。

主人に着替えを手渡し、私は出かけてしまった。帰ってきてから様子を聞くと・・・


前日の便秘薬の影響か便に気付かなかったようだった。

病院のトイレでお尻を拭いたり、リハパンの交換は難しいようだ。

検査や診察を終えて、帰りは真っ直ぐ母の所に行きシャワーを浴びて着替えたそうだ。

出かけるときには

リハパン 2枚  おしりふき  大きめのビニール袋 替えのズボン

これだけは必ず持って歩かなければいけないようだ。

 

2011.08.04

2011.08.07 | 19:00
母のお迎えに行き、朝ご飯を食べさせて・・・

今日はデイがないので我が家で過ごす。

時代劇をみたり、居眠りしたり・・・相変わらず歩行器を使わず歩こうとする。

そのたびに誰かに大きな声で歩行器を使うように言うが、本人は何もなくても
歩ける気でいる。。。


昨晩、バトル勃発。。。

家について着替えるように促すと「私はパジャマなんて持ってない。」とか
「洗濯に出しているからもうない。」とか色々言って着替えたがらない。。。
「着替えないとベッドに寝られないわよ。」 と言ってみると
「私は寝ないですからいいです。」とダイニングのテーブルに突っ伏して
動こうとしない。。。そのうちに私の寝るために敷いた布団に寝ようとする。
「私の布団には寝ないでね。。。私が寝るんだから。。。着替えてから自分の
ベッドに寝てよ。」
というと「もういいです。」とまた動かない。。。

それ2時間続き、さすがに母がイライラしてきて、トイレに行ったりウロウロ
しはじめた。そして「アンタはなんでそんなに私の邪魔ばかりするのよ。」
「アンタなんて嫁でもなんでもない。」挙句の果てに「トットと帰りなさいよ。」
「アンタと一緒に居たくないから、働きにでも行こうかしら?」と言う。。。

「86歳で雇ってくれるところなんてないわよ。19歳の長男でさえアルバイトを
探すのが大変なのに。。。」
と言ってみると「雇ってくれるところなんていくらでも
あるいし、私なら雇ってもらえる。」
と自信満々。。。驚かされる。。。

一人で歩けない上に10分と立ってられない人がどうやって、働きに出るんだか?